PR

【北海道当別町】あそ雪の広場2024 雪祭り、花火の穴場スポットと日程・時間、アクセス、屋台からおすすめ駐車場まで【地元民が】解説!

スポンサーリンク
あそ雪の広場 花火 穴場スポット 駐車場 日程 時間 屋台 雪祭り・冬まつり
あそ雪の広場 花火 穴場スポット 駐車場 日程 時間 屋台
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

冬なのに花火大会?

そうなんです!

北海道札幌市のお隣にある当別町にて、毎年冬に花火大会が行われているんです。
行動制限があった為、最近は会場設営は見送られていたのですが、昨年2023年は4年ぶりに会場設営を設けて開催されました!

あそ雪の広場 花火 穴場スポット 駐車場 日程 時間 屋台

あそ雪の広場 花火 穴場スポット 駐車場 日程 時間 屋台

なんと会場には以前と同じように、地元のお店による出店と巨大すべり台も作られていました!

そんな冬のお祭りあそ雪の広場2024、当別町の雪祭り花火大会について、穴場スポット日程・時間屋台・出店、アクセス、おすすめの駐車場を地元民が詳しく解説ご紹介していきます。

スポンサーリンク

地元民が教える!『あそ雪の広場』の穴場スポット大公開

※動画は2023年のものです。冬花火は空気が乾燥して空がきれいなのでくっきり見えますね。

『あそ雪の広場』花火大会2024は当別町にある阿蘇公園にて開催されていますが、
穴場スポットってどこなの?と思いますよね。

おすすめ穴場スポット1:お子さん連れにおススメ! 阿蘇公園

※ゆるキャラが大人気ですね!雪上車に乗れたり、スノーモービルや馬が弾くそりに乗れたり、餅つきがあったりとお子様たちが楽しい体験ができるイベントが盛りだくさんです!最後の餅まきも忘れてはいけませんね。

まずは子連れにオススメのスポットです!
お子さん連れだと車で行くと思います。
なので駐車場もあり、歩く距離も少なく、トイレもある会場で見るのがオススメです。

会場の阿蘇公園内はとても広く、毎年7,000人ほど来場しますが密になることはありません。
そして会場内でも特にステージを正面にしてみると、目の前で花火が打ちあがるので迫力満点ですよ♪
あまりの近さに、音や光で泣き出してしまうお子さんもチラホラ…。

赤ちゃん連れは近すぎるゆえの音の大きさに注意してくださいね。
場所名    :

阿蘇公園(北海道石狩郡当別町元町)

グーグルマップ:地図はこちら
一言ポイント:川に近ければ近いほど迫力満点です!
トイレ情報 :公園内にあり
備考  :メイン会場です。打ち上げのカウントダウンなども行われます。

おすすめ穴場スポット2:カップルにおススメ! 樺戸町公園

場所名    :樺戸町公園(北海道石狩郡当別町樺戸町)
グーグルマップ地図はこちら
一言ポイント:公園内は雪で入れませんが、河川敷から花火は見れます!
トイレ情報 :なし
備考  :駐車場もないので会場から徒歩で移動がオススメです。

次は友達同士やカップルなど若い方にオススメのスポットです!
地元の学生さんは、親御さんに送迎してもらったり自分で歩いて来ている方がほとんどだと思います。
ですが、札幌からJRで行くカップルなんかもいますよね。
その場合、防寒対策をバッチリ行っていれば、河川敷から見るのがオススメです。

花火は河川敷で打ち上げられるので、目の前というか、もう本当にそこです(笑)。

目と鼻の先で打ち上がる花火を見る機会なんてなかなかないので、ぜひ最前線で楽しんでもらいたいです。

どの年齢層の方もスノーウエアに帽子に手袋といった寒さ対策は万全でお願いしますね!
あそ雪の広場 花火 穴場スポット 駐車場 日程 時間 屋台

あそ雪の広場 花火 穴場スポット 駐車場 日程 時間 屋台

あそ雪の広場2024 花火大会の場所取りは必要?

花火大会といえば何時間も前からレジャーシートを敷いて場所取りをして…というイメージですが、この『あそ雪の広場』花火大会では、場所取りは必要ありません!

というのも北海道の冬は寒すぎて、誰も地面に座るなんて思えないからです(笑)。
もちろん場所取りを行うことは禁止ではありません。

とても広い公園が会場になっているし、すぐ近くで打ち上げられるので、どこにいても花火を見ることができます。

北海道でも冬に花火大会が行われることは珍しいので、当別町だけでなく、お隣の札幌市やマニアの方はなんと本州からも来るんだそう。

そういった方たちは三脚付きのカメラを構えていたりするんですが、その方たちは1時間ぐらい前から場所取りをしていました。

きっと木が映り込まないところとか、会場の電気が映り込まないところを探しているんでしょう。

本格的に写真を撮る目的があるわけではないなら、会場内にいるならどこからでも空を見上げると花火を見ることができますよ♪

スポンサーリンク

あそ雪の広場2024 花火大会 駐車場情報

『あそ雪の広場』花火大会2024の駐車場情報です。
こちらは当別町のホームページやインスタグラムに載っているチラシにも記載されています。
会場でも本部で配布されていますよ♪

無料駐車場情報

 

駐車場名

時間

料金

備考

1

阿蘇公園

徒歩0分

無料

花火大会会場

約40台

2

旧当別小学校
(北海道石狩郡当別町緑町)

徒歩5分

無料

約40台

地図はこちら

3

当別町役場
(北海道石狩郡当別町白樺町58-9)

徒歩15分

無料

約60台

地図はこちら

阿蘇公園の駐車場

まず一つ目は会場のある阿蘇公園の駐車場です。
駐車場は屋台のすぐ裏とすべり台の裏の方向にあります。

どちらも冬場なので雪捨て場にもなっていますが、停めることができます。
警備員さんがいるので、指示に従ってくださいね。

旧当別小学校の駐車場

二つ目は会場のすぐ近くにある旧当別小学校の駐車場です。

ここは警備員さんがいなく、自分たちで停めるのですが、雪で白線が見えないので少し注意が必要です。

隣の車との距離が近かったり、一方通行ではないので対向車とすれ違うのにも苦労したりと、お子さん連れは特に気を付けてください。

当別町役場の駐車場

 三つ目は会場から徒歩15分ほど離れている当別町役場の駐車場です。
こちらも警備員さんはいませんが、白線が見えていたので停めやすかったです。

役場は土日のためお休みですが、役場の車は停めてあるので注意が必要です。

ここの駐車場のみ線路を渡るので、電車好きのお子さんは喜んでいましたよ♪

臨時駐車場が解放される場合もある

他にも混雑時は臨時で開放してくれている駐車場もあるそうです。
有料の駐車場はないので、駐車料金を気にすることなく楽しめるのはありがたいですよね。

一番人気は阿蘇公園の駐車場 花火の3時間ほど前でも長蛇の列 渋滞に注意

ですが、やはり一番人気なのは会場である阿蘇公園の駐車場です。
花火の打ち上がる3時間ほど前に見ましたが、すでに長蛇の列でした…。

みなさん花火が目当てだと思うので、駐車場の空きを待つよりも、少し離れた駐車場に停めて歩いたほうが良さそうです。

会場の近くには車の乗り降りができる場所も用意されていたので、このときだけは家族で別行動するのもよさそうですね。

有料駐車場情報

有料駐車場はありません。

スポンサーリンク

あそ雪の広場2024 花火大会 屋台情報

続いては『あそ雪の広場』花火大会の屋台・出店の情報です♪

何度も会場は広い公園と話してきましたが、広い公園でも開けた場所がメイン会場となっているので、どこにいても全て見回すことができるんです。

そんな会場をぐるっと囲うように地元のお店が屋台を出しています。
一番並んでいたのは当別家族さんのハンバーガーです。

観光客に大人気の浅野農場さんとつじの蔵さんのコラボということもあり、花火の打ち上げ中も長蛇の列でした。

 

他には当別町商工会青年部さんの焼きそば、当別飲料店組合さんのラーメンやビールなどのお酒、当別町商工会女性部さんのいもだんご汁など商工会の方たちも屋台を出してくれていました。

あとはコナカフェさんのクレープとタン串、スウェーデンヒルズゴルフクラブさんの焼き鳥、to berry farmさんのいちごチョコやいちごミルクなどのキッチンカーも出店していました。

食べ物以外では輪投げやボーリング、魚釣りゲームも開催されていました。
ゲームで遊ぶと景品がもらえるので大人気!

どのお店も、すべり台の利用時間が終わってから花火が打ちあがるまでの約1時間の空き時間が一番混雑しているように見えました。

なので食べたいものややりたいゲームがある方は、すべり台を早めに遊び終えて並ぶのがオススメです。

スポンサーリンク

『あそ雪の広場』2024 花火大会 日程やアクセスなど基本情報は?

名称    :「第41回あそ雪の広場」花火大会
日程    :2024年2月10日(土)、11日(日)
花火打ち上げ場所:阿蘇公園
(北海道石狩郡当別町元町) 地図はこちら
花火打ち上げ時間:2024年2月10日(土) 17:15〜17:30
※少雨の場合決行、荒天時の場合は未定
花火打ち上げ数:約1,500発
予想来場者:約7,000人(前年は約7,000人の来場者でした。)
最寄駅からのアクセス  :

JR北海道 学園都市線 当別駅から徒歩10分

(札幌駅から当別駅までは約40分、750円です)

車でのアクセス:札幌駅周辺から約50分(北1条・雁来通経由)
公式HP:
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。
『あそ雪の広場』花火大会の情報についてお話しました。
花火大会といえば夏ですが、北海道の冬はご存知のようにとても寒いです。
そのおかげで、夏よりも冷たくきれいな空気になっていて、冬のほうがきれいな花火が見られるそうですよ。
寒いので防寒対策は必須ですが、冬の花火はとてもオススメなので、ぜひ行ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました