PR

かみすフェスタ・消費生活展2023はどこでいつからいつまで?場所・時間、屋台から駐車場まで

スポンサーリンク
かみすフェスタ 消費生活展 場所 時間 屋台 日程 駐車場 秋祭り・収穫祭
かみすフェスタ 消費生活展 場所 時間 屋台 日程 駐車場
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

かみすフェスタ・消費生活展は神栖市内の事を知るにはもってこいのイベントです。
ピーマンの詰め放題やオリジナル作品を作る体験、工場でしか売られない商品をお安く買えたりもします。
他にも周辺地域の学生さんによるブラスバンドや日本舞踊も見られます。

かみすフェスタ・消費生活展の会場が2019年から変わりましたので、どのようにアクセスするのか分からない方も多いはず。

そんなアクセスの仕方、混雑情報、お得な情報を地元民がお話していきます。

この記事では、かみすフェスタ・消費生活展2023いつどこで開催されるのか、場所日程屋台アクセスから駐車場まで解説します。

スポンサーリンク

かみすフェスタ・消費生活展2023はどこでいつからいつまで?場所・時間・基本情報

名称かみすフェスタ・消費生活展
日程2023年10月14日(土)から2023年10月15日(日)まで
時間10:00から15:00
場所かみす防災アリーナ・神栖中央公園
Googlemap

かみす防災アリーナのGoogleマップはこちら

神栖中央公園のGoogleマップはこちら

公式サイトかみすフェスタ2023の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

かみすフェスタ・消費生活展の歴史や由来と2023年の見どころ

かみすフェスタ・消費生活展はどのような歴史があり、見どころがあるのでしょうか。
一緒に調べて、お話していきましょう。

かみすフェスタ・消費生活展の歴史や由来

観て楽しい、聴いて楽しい、触れ合って楽しい、食べて楽しいをモットーに地元の特産品紹介や消費者の役立つ情報を学びながら体験出来るイベントとなっています。

滅多に交流できないコンビナート地域で作られた業者向けの商品を試食、試飲して体験し、購入も出来たり、地元民同士で交流をしたり、神栖はどういう土地なのか知るにはここに来た方が一番知れます。

かみすフェスタ・消費生活展の2023年の見どころやおすすめポイント

見どころは全部!と言いたいところですが、出来る限り抜粋すると、まず先ほどもお話したように工場が業者に卸すような商品を試食、試飲が出来ます。

買うまで込みでおすすめするなら、ADEKAのコーンポタージュですね。普段皆さんが飲むコーンポタージュは甘さが強いと思うのですが、ここで買えるコーンポタージュはミルク感ある濃厚なコーンポタージュなのですよ。
ネット通販はしていないので、欲しい方はここで買うしかないです。

他には地域の方達による炊き出しで、つみれの味噌汁やあんころ餅、きな粉餅が食べられた時期がありました。
これは大分昔のお話でして、2019年には焼き魚の試食、ピーマンの料理販売があったとの事です。

高校、大学による展示や福祉関係の展示・体験が多いので学校見学や福祉系の勉強感覚で見に行くことも出来ます。

手話を学んで、自己紹介をする体験もあり、気になった事にはどんどん体験する事が出来たので、幼少期に行った時は何でも体験出来た事が楽しかったです。

年度によってはアルパカのふれあい体験もありましたよ。

スポンサーリンク

かみすフェスタ・消費生活展の屋台・出店や会場の混雑状況・すいてる日時

屋台に関しては結構分かってきた方も多いとは思いますが、混雑状況はどうなのでしょうか?
お話していきます。

かみすフェスタ・消費生活展の屋台・出店やおすすめグルメ

お母さん目線で言えば、ピーマンの詰め放題はお得なのでおすすめですね。

子供に良い感じの大きさのピーマンを選んでもらって詰めるも良し、子供にどこまで詰められるかやってもらうのも良しです。
神栖のスーパーで時期によってピーマンは1個20円前後で買える場所が多いのですが、詰め放題なので場合によってはもっとお安くゲット出来ます。
さらに、子供と遊び感覚で出来るので、めちゃくちゃ楽しいです。

私の弟も幼少期に同じようにやって、「自分が選んだピーマンだ!」と言い、苦手なのにこの時は食べてたなとお話しながら思い出しました。

まつりすと
まつりすと

2023年はピーマンソフトクリームが出るそうですよ!食べたくないような、食べたいような、想像つかない味ですが、すごく気になります!

かみすフェスタ・消費生活展の会場の混雑状況・すいてる日時

文化センターが会場の時は、会場よりも駐車場に入る為に並んでいる車の列が凄かったです。
波崎方面から会場の駐車場に入ろうとすると、道路に1kmは待機している車が多かったですね。
その時の会場内は消費生活展側が一番混雑していましたが、車が多い割には歩きやすかったなと記憶しています。
前回は神栖中央公園が会場となりましたので、駐車場に入る混雑はだいぶ減ったと思います。

一番のピークの時間はお昼です。
先ほどお話したように、試食、試飲、炊き出しがあるのでお昼ご飯代わりに来る方が多いのですよ。

13:00を過ぎると混雑が緩和されるので、行く場合は13:00~14:00がおすすめです。
開始時間すぐや終わり頃に行くと無料配布やお店が開いていない事が多いので、もしピーク時間に行くでも良いよという方は11:00くらいに参加していた方が満喫出来ると思います。
スポンサーリンク

かみすフェスタ・消費生活展へのアクセスや駐車場情報

今回会場が移動したことによってアクセスしやすくなったイベントです。
どのように行けばスムーズに行けるかお話していきます。

電車でのアクセス

最寄駅は JR鹿島線 鹿島神宮駅からタクシーで約25分ですが、11:00以降に行く場合には会場近くまで行くのに時間がかかる可能性があるので、鹿島セントラルホテル付近で降りるか、会場脇まで行く場合は時間に余裕があった方が良いと思います。

なお、神栖市はタクシー予約アプリのTaxiGo対応エリア。事前にインストールしたり登録しておくのがおすすめです。

事前にインストールやユーザー登録をしておくと安心ですよね。

タクシーを待つよりも、
アプリで呼んだ方が早くて簡単!
AI予約なら最大7日前から
【時間設定可能】で安心!
↓ ↓ ↓

アプリダウンロード特典で
500円クーポンプレゼント中!

最寄駅〜目的地までの行き方

JR鹿島線 鹿島神宮駅から路線バスで、利根川線または海岸線で向かう方法もあります。
最寄りのバス停は神栖中央公園西ですが、周辺の鹿島セントラルホテルやアトンパレスで降りても徒歩10分以内で会場に向かえます

 

東京方面から行く場合には東京駅から鹿嶋セントラル行きの高速バスがありますので、ご利用ください。

路線バスの時刻表はこちらです。
高速バスの時刻表はこちらです。

シャトルバスの有無

2019年シャトルバスが波崎方面からお越しの参加者様向けに波崎地域の公共施設から出ていたとの情報がありましたが、何時から出ていて、何本出ていたのかまでは分かりませんでした。

まつりすと
まつりすと

2023年も運行予定だそうです

もし、シャトルバスを利用したい場合にはかみすフェスタ実行委員会に確認を取ると良いと思います。
問い合わせ先:かみすフェスタ2023実行委員会
TEL 0299-90-1008(事務局 神栖市農林課)
TEL 0299-90-1105(事務局 神栖市企業港湾商工課)

車でのアクセス

東関東自動車道 潮来ICから約15分ですが、国道124号線の谷原、息栖大橋付近の交差点は混雑しやすいので余裕を持って30分くらいかかると思っておくと良いです。

会場自体もお昼時は混雑しますので、駐車場の事も考えて早めに行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

かみすフェスタ・消費生活展駐車場情報

開催される会場が2019年から変わりましたので駐車場がどうなっているのか不安な方も多いはず。
そんな方に詳しくお話していきます。

無料駐車場情報

 駐車場名備考
1神栖中央公園メイン会場駐車場です。
2かみす防災アリーナメイン会場裏の駐車場です。
関係者の方がメインで使っている駐車場になります

有料駐車場情報

 駐車場名料金備考
1鹿島セントラルホテル入庫から1時間 無料
1時間以上2時間以内 100円
30分毎(2時間以上11時間以内) 50円          1日  1,030円
詳しい情報はこちらをご覧ください。
2有曜パーキング1日 最大400円 

くら寿司茨城神栖店の隣のコインパーキングです。

利用しなくても広く駐車場は確保されていますが、参考にしてください。

コイン駐車場を事前に予約できて安心!
予約時間内出し入れ自由で便利♪
地図で料金比較しながら選べて
駅近くの駐車場が1日使えて
こんなに安いの!?
↓ ↓ ↓

臨時駐車場情報

 駐車場名備考
1神栖市役所神栖市役所から徒歩約15分~25分です。
2木崎駐車場2,3番の駐車場からは約20分となります。
3木崎第2駐車場 
まつりすと
まつりすと

2023年はP1からP9まで臨時駐車場を設ける予定だそうです。

スポンサーリンク

かみすフェスタ・消費生活展会場周辺のおすすめスポット

かみすフェスタ・消費生活展の会場周辺は新しく出来た店舗や隠れ家が多いので、その中でおすすめの場所をお話していきます。

おすすめスポット1:和菓子屋 すずめの里

名称すずめの里
おすすめする理由・おすすめポイント

ここ、正直誰にも教えたくないくらい美味しい和菓子屋です。おすすめは期間限定のメロン大福と大粒のイチゴ大福です。
メロン大福は果肉が入っていないのに、すっごくメロンの味がして、甘すぎなくてちょうど良いのです。
イチゴ大福は通常の大福の1.5倍の大きさでずっしり重いです。
餡が白餡にミルクを混ぜてあり、イチゴの甘酸っぱさと餡の甘さが絶妙でここでしか味わえないのがもったいないと思うくらい美味しいです。

店舗が小さめで迷子になりやすいので、そこだけ注意してくださいね。

おすすめスポットの住所茨城県神栖市神栖2丁目16-12

おすすめスポット2:本場の肉汁たっぷり小籠包が美味しくて安い中華料理屋 中華亭

名称中華亭
おすすめする理由・おすすめポイント

ここの小籠包は本場の方が皮から作っているので、肉汁が凄いです。
リーズナブルなのに量があって美味しく頂けるのも魅力です。
冬瓜ジュースという変わり種もありますよ。

最近はランチは止めて、ディナーのみの営業となっていますが、お時間ある方は是非寄ってみてください。
おすすめスポットの住所茨城県神栖市大野原1丁目2-31
スポンサーリンク

まとめ

かみすフェスタ・消費生活展は食べて良し、体験して良し、観て良しのイベントです。
もし移住を考えている方がいらっしゃればこのイベントに参加して、検討してみるのはいかがでしょうか?

前回は無かったみたいですが、昔は菊花祭という菊の展覧会も一緒にやっていました。
また菊を見つつ、地元も良い所を知ってゆきたいです。

タイトルとURLをコピーしました